AmbienceAmbience

2019.6.28

飲食店従業員に必要な3つのポイント

人が1日の中でもっとも大切にしているものの1つとして食事があります。
より多くのお客様に気持ち良い時間を過ごしてもらい、店舗を愛してもらうために、飲食店は接客態度や所作を徹底しなければなりません。そこで、飲食店で働くすべての従業員に必要なお客様に気持ちよく過ごしてもらうための秘訣をお伝えします。

口角をしっかりあげる!

「ご飯を食べに行った時」「コンビニに行った時」「知り合いにあった時」どのタイミングでも素敵な笑顔で挨拶されると気持ちいいですよね?お店の外から見た時、スタッフの笑顔が素敵だったから入店してみようと思ったことはありません?人は気持ちいい場所や幸せそうな場所に集まりますので、まずは自分がされて気持ちいいことをしましょう。
そのためにも、口角をしっかりあげて接客しましょう。普段から口角を上げる練習や意識をすることが大切です。お店の従業員専用の休憩室やバックヤードなどに鏡を設置し、常に口角をチェックできる環境を作りましょう。

笑顔で話す男性と女性笑顔で話す男性と女性

マナーや所作を覚えましょう!

店舗が混み合いお待たせすることや、間違えて別のメニューを提供してしまうということはどこのお店でも一度は経験するでしょう。しかし、このお客様にとって満足できない状況は「思いやりの対応」で競合店に打ち勝てる、雰囲気の良いお店にするチャンスです。
例えば、待っている間にメニューを決めてもらい着席したらすぐにお料理が食べられるか、空調の設定は最適になっているか、お水がなくなっている人はいないかなどの気遣いを欠かさないスタッフがいると、店舗の雰囲気はとても良くなります。

正しい言葉使いを利用できていますか?

飲食店を利用する人の業界は様々です、建設業の人もいればお医者さんやデザイナー、他の飲食店で働いている人も当然来るでしょう。その時、当然言葉を発すると思いますが、正しい日本語を使っている自信がありますか?
働いている場所を守っていくために従業員は正しい日本語をマスターしないといけませんし、雇用側は従業員の人生が豊かになるように正しい日本語をレクチャーする義務があります。

周りを指導をする男性周りを指導をする男性

まとめ

従業員教育は教育担当を決め、正しい言葉を使用できているかの確認や口角チェックなどのチェックシートを設けて勤務時間中にできていたかのチェック体制を整えるとスムーズに教育が行えます。
まずはチェック体制を整え、風通しのいい環境を作り、指導にあたるのが最重要ポイントとなります。